UEFAが18-19年間最優秀選手の最終候補3人を発表!

 

現地時間15日、欧州サッカー連盟(UEFA)は2018-19シーズンの年間最優秀選手最終候補3人を発表。リオネル・メッシ(バルセロナ)、クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)、そしてフィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)の3人が選出された。

 

メッシはバルセロナのラ・リーガ優勝、スーペルコパ勝利に大きく貢献。個人としてもUEFAチャンピオンズリーグ得点王、ゴールデンシューのタイトルを手にしている。コパ・アメリカのタイトルを手にしていれば最有力候補となったが、果たして14-15シーズン以来の年間最優秀選手となるのだろうか。

 

クリスティアーノ・ロナウドはユベントスでセリアA、イタリアスーパーカップのタイトルを獲得。また、キャプテンとしてポルトガル代表を牽引し、UEFAネイションズリーグ優勝を成し遂げた。CLで思うような結果を残せなかったユベントスだが、ネイションズリーグでの活躍により挽回。今回はメッシよりも有力か?

 

唯一のディフェンダーとして最終候補に残ったのがファン・ダイク。リバプールのチャンピオンズリーグ優勝の立役者であり、プレミアリーグ2位、オランダ代表としてのネイションズリーグ準優勝にも貢献。PFA年間最優秀選手にも選出された。ネイションズリーグでオランダがポルトガルを下していれば最有力候補となれただろうが、準優勝となった影響は?

 

メッシ、ロナウドといった2強を前にファン・ダイクは謙虚な姿勢を貫いているが、ドリブル阻止率100%というデータは世界に衝撃を与え、年間最優秀選手賞獲得も十分にあり得るだろう。最優秀選手は現地時間8月29日にモナコで発表される。

 

 

2019年8月16日 10:08

≪ ニュース一覧に戻る

必勝カジノオンラインZ