日本製鉄時代が終焉を迎える…鹿島アントラーズの経営権がメルカリへ

 

30日、フリマアプリ「メルカリ」で有名な株式会社メルカリの取締役社長を務める小泉文明氏が、鹿島アントラーズの経営権を取得したと発表。Jリーグ発足前から鹿島を支えた日本製鉄と系列会社が保有する72.5%の発行株式のうち、61.6%をメルカリに譲渡することが決まった。

 

Jリーグを代表する名門・鹿島アントラーズを日本製鉄が手放すと誰が考えただろうか。しかも、今回の株式譲渡でメルカリが支払った金額は16億円といわれ、その安さに驚くサポーターが多いのも無理はないだろう。

 

都心から離れ、アクセスが悪いというハンデを抱えるアントラーズだが、常勝軍団であり続けるのは、日本製鉄(新日鐵住金)と地元が協力して努力を続けてきた成果だということに疑いの余地はない。鹿島サポーターを公言している小泉氏も、地元に根付く重要性は十分に理解しており、そこが譲渡の決め手の1つになったようだ。

 

「ジーコスピリッツ」を基盤とした常勝軍団であることはアントラーズの絶対的使命。そこがブレるようなことがあれば鹿島サポーターは黙っていないだろう。メルカリがどんなチームにアントラーズを変えていくのか本当に楽しみだ。

 

 

2019年7月31日 12:07

≪ ニュース一覧に戻る

必勝カジノオンラインZ