セレクトセール1歳馬セクション 最高値は3億6000万円

 

7月8日、北海道のノーザンホースパークでセレクトセール2019が行われた。上場頭数239頭で取引頭数は222頭、総落札価格は107億3200万円となり、1歳馬セクションの歴代最高額を更新している。

※これまでの最高額は2018年の96億7450万円

 

最初の上場馬、ルモスティの2018(父:ドゥラメンテ)がいきなり1億2000万円で落札される好スタートを切った今年のセレクトセール1歳馬セクション。この日の最高値となったのはミュージカルウェイの2018(父:ディープインパクト)で、「アドマイヤ」の冠でお馴染み近藤利一氏が3億6000万円で落札した。同馬は2015年の優駿牝馬と秋華賞を制した牝馬二冠馬、ミッキークイーンの全弟にあたる。

 

この日、最多の11頭を落札したのがディープインパクトやキングカメハメハ、クロフネといった名馬たちを多く所持していたことで知られる金子真人氏。牝馬最高値となったサマーハの2018(父:ディープインパクト)を2億1000万円で落札。この馬は今年4月に予後不良となったシャケトラの半妹にあたり、兄に続いて金子オーナーが所持することになった。また、同氏は国内外でGIを勝ったサトノクラウンの半弟ジョコンダIIの2018(父:ディープインパクト)を2億6000万円で、マーゴットディドの2018(父:Frankel)を2億1000万円で落札している。

 

9日には同じくノーザンホースパークで当歳セクションが行われる。キングカメハメハの種牡馬引退が発表され、当歳セクションに上場する世代が産駒の最後の世代となる。非サンデー系として日本競馬界で重要な役割を担った種牡馬だけに、最後の産駒たちがどのような評価を受けるのか注目したい。

 

 

2019年7月9日 10:07

≪ ニュース一覧に戻る

必勝カジノオンラインZ