日本代表 グループステージ敗退が決定

 

日本時間25日、日本代表はコパ・アメリカ第3節でエクアドルと対戦。勝てば準々決勝進出という大事な試合だったが、結果は1-1の引き分けに終わり、グループステージでの敗退が決定した。

 

ウルグアイ戦のメンバーをベースに久保をスタメンに復帰させて挑んだ日本代表。序盤から積極的に前からボールを追う日本は15分、中島が送ったスルーパスに反応した岡崎が抜けるも、飛び出したキーパーが先に触る。しかし、中途半端なボールを中島が拾ってミドルを放ち、日本が先制点を挙げた。

 

その後、見えてきたのは日本DF陣の大きな課題。エクアドルのE.バレンシアが高い位置から俊足を活かしてプレッシャーをかけると、22分に川島が冨安に渡したパスをカットされフリーでシュートを打たれる。これはなんとか川島が防いだが、続く25分にも冨安の不用意なパスからボールを奪われ、危ない時間が続いた。

 

そして35分に同点ゴールが決まる。CKを跳ね返すも、エクアドルはそこからもう一度展開してボールを上げる。岩田がマークしきれずミナが落としたボールをアルボレダが強烈なシュート。これは川島がセーブしたものの、メナに押し込まれて追いつかれた。

 

後半は互いにチャンスを作ったが決められず。途中から出場した上田、前田が決定機を迎えるもゴールネットを揺らすことはできない。アディショナルタイムに久保が決勝ゴールを決めたかに思われたが、これはオフサイドの判定で認められず。そのまま、試合は終了した。

 

チリ戦では4失点を喫したが、吉田や昌子といったCBが不在の中で、植田や冨安が南米を相手にここまで戦えたのは今後の日本代表にとって大きなプラス材料だろう。一方で上田のスペースに抜け出す能力や、前田の俊足などストロングポイントは垣間見えたものの、決定力の低さは深刻な問題。今回不在となった大迫に代わるストライカーは現れるのだろうか。

 

2019年6月25日 12:06

≪ ニュース一覧に戻る

必勝カジノオンラインZ