【ロイヤルアスコット】セントジェームズパレスSの結果

 

セントジェームズパレスS 7ハロン213ヤード/3歳限定

 

現地時間18日にイギリス、アスコット競馬場で初日を迎えた英国王室主催のロイヤルアスコット。第4競走のセントジェームズパレスS(GI)は5番人気のCircus Maximus(サーカスマキシマス)が勝利した。

 

このレースで1番人気となったのは昨年の2歳GI戦デューハーストSの勝ち馬で、名手L.デットーリが手綱をとるToo Darn Hot(トゥーダーンホット)。同じく3歳馬で愛2000ギニー(GI)を制したPhoenix Of Spain(フェニックスオブスペイン)が2番人気、今回がGI初出走となるKing Of Comedy(キングオブコメディ)が3番人気に支持された。

 

好スタートでハナを切ったのはFox Champion(フォックスチャンピオン)、その後ろにサーカスマキシマス、フェニックスオブスペイン、トゥーダーンホットと続き、上位人気馬はいずれも先行した。直線を迎え、残り400mで先頭に立ったのがサーカスマキシマス。外から追い込んだトゥーダーンホットが残り200mで並びかけるが、サーカスマキシマスが勝負強さを見せてもう一伸びを見せた。さらには大外から鋭い末脚でキングオブコメディが追い込むも、クビ差及ばず。1着にサーカスマキシマス、2着にキングオブコメディ、そこから3/4馬身差の3着にはトゥーダーンホットが入っている。

 

サーカスマキシマスは通算7戦3勝の3歳牡馬。今年初戦となったリステッドで勝利を挙げ英ダービーへと挑んだ同馬だが6着と敗戦し、距離を短縮して挑んだ今回のレースでGI初制覇となった。

 

 

セントジェームズパレスS(GI)

1着 Circus Maximus(サーカスマキシマス)

2着 King Of Comedy(キングオブコメディ)

3着 Too Darn Hot(トゥーダーンホット)

 

2019年6月19日 22:06

≪ ニュース一覧に戻る

必勝カジノオンラインZ